<   2006年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

大晦日の夜

今夜はよい天気だ。まるで大晦日のようではないが、それでもカレンダーは12月31日になっている。明日から2007年である。
一昨日、ライカM8のテストのために今年最後の門司港レトロ行きを決行した。以下のイメージはテスト撮影のイメージである。当日の天候は晴れであった。レンズは全てSummilux M 35mm F1.4初期型の非球面レンズである。基本的に撮影は5200K ISO160 DNGで撮影した。処理はSILKYPIX3.0かC1LEである。
f0083903_17494244.jpg
門司港ホテル、最近泊まってないな。SILKYPIX3.0で処理。
f0083903_1751846.jpg
海面にヒトデが浮かんでいた。SILKYPIX3.0で処理。
f0083903_1752480.jpg
オルゴール館前のオルゴール爺さん、SILKYPIX3.0で処理。
f0083903_1753679.jpg
オルゴール館内、C1LEで処理。
f0083903_17535080.jpg
出光美術館、SILKYPIX3.0で処理。
f0083903_1754301.jpg
Audi TT、車検完了 C1LEで処理。

ライカM8による画像は非常にシャープな上にフランジバックが短いというハンディにもかかわらず周辺光量落ちも良くチェックされており、ライバルたるR-D1よりアドバンテージはあると思う。赤外かぶりの問題はあるが、僕個人としてはさしたる問題はないと考えている。もう暫くのテストは必要であろうが、M8はライカの長い歴史の中でも、恐らく名機として記憶されるカメラになることであろう。
by acielmd | 2006-12-31 18:03 | Comments(3)

本日休診

今日は大晦日。今朝は走は思えないほどの暖かさである。
午前中はYサキ先生手打ちのソバをいただきに行った。自宅に帰ってみたらスパーワイドへリアー15mm F4.5が届いていた。
f0083903_1423493.jpg

15mmの焦点距離はほぼ20ミリ相当になるので、21ミリ用のファインダーが使用できる。ウルトラワイドへリアー12ミリだと15ミリのファインダーが使える理屈になる。
早速M8で実写!周辺光量落ちは多少あるが、問題にならない程度である。描写も充分なので、超広角が必要な状況で登場願おう。L/Mリングはライツ製の物を使用したが、さすがライツ、レンズのセンターの指標はバッチリ12時の位置になった。
f0083903_14321015.jpg
絞りはF8周辺まで充分に解像している。周辺光量も充分にある。M8 F8 ISO160 DNG SILKYPIX3.0
昨日の午後は再び門司港まで進出してテストを行った。あとで、イメージをアップする予定。
今年一年、お世話になりました。また来年もよろしくお願いいたします。
皆さん、良いお歳を!
by acielmd | 2006-12-31 14:34 | Comments(2)

仕事納め

今朝はよい天気。放射冷却で相当冷え込んだ。
東京のKOHDA先生が出版する2007年の「医心伝心」が届いた。執筆者は葛飾のKOHDA先生ゆかりの方々が、勝手気ままな内容を書いたモノである。毎年僕も参加しているが、最近は今年一年のカメラの話題しか書いていない。結構カメラ好きの人もいるので、話題がクロスして面白かったりする。参加者には医学部の大学教授から書道家までいたりする。
f0083903_10383077.jpg

今日の午前中で今年の仕事はおしまい。お世話になった皆さん、どうもありがとうございます。来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
by acielmd | 2006-12-30 10:40 | | Comments(6)

寒い

昨日から天候が良くない。予報通りではなく、降雪はごく僅かであった。風は強く寒さは厳しくなった。
f0083903_11184471.jpg

Nikon D40 AF-S DX Nikkor ED 18-55mm JPEG FINE

M8用にスーパーワイドへリアー15mm F4.5を手配した。M8では20mm相当の広角になる。M8との相性は問題ないのはライカフォーラムで実証済みだ。
by acielmd | 2006-12-29 11:22 | Comments(10)

寒い・・

今朝は荒れ気味の天候。予報は雪だ。この分だと本当に降りそうな気配。
昨夜銀行の口座をみたら、何とマイナス・・(^^;)。今朝一番で銀行に入金に行った。丁度銀行には日通の現金輸送車が来ていたので、写真を撮ろうと思って若い警備員に聞いたら、駄目だと断られてしまった。トヨタ・ダイナの特装車だったんけどね。
今朝のお供はElmarit M 21mm付きのM8、途中ご近所のNムラさんが、軽トラのタイヤをスタッドレスに交換していた。「軽トラはスポーツカー」というのは共通の意見であった。彼のは4輪駆動なので、MR4!である。僕も軽トラが欲しいよなあ・・・・。
f0083903_10562457.jpg
Leica M8 Elmarit M 21mm F2.8 F4 ISO320 RAW C1LE

午後は医師会に行った後も色々用があるぜ。
by acielmd | 2006-12-28 10:58 | 自動車 | Comments(3)

Concept Ocean Drive

Mercedes-Benzは2007年デトロイト・モーターショーに4ドアオープンカーのコンセプト車「Concept Ocean Drive」を出展する。大型高級オープンカーのデザインスタディのようで、12気筒エンジンのS600をベースとしているので、いつでも市販できるのではないかと思う。前後のホールアーチのデザインなどに新しさが見られるので、将来へのデザインの布石という感じもする。
その昔、日本でも4ドアハードトップなる変な車がこぞって生産されていたが、現実路線を歩み出した結果市場から消失した。
ところが最近になりメルセデスがCLSを発表し、このスタディが市販化されるようだと、将来再び4ドアハードトップやさらにこのようなカブリオレ出てくるかもしれないな。
f0083903_1235459.jpg
f0083903_124668.jpg

by acielmd | 2006-12-27 12:04 | 自動車 | Comments(0)

もういくつ寝ると・・

朝は天候は回復。暖かい。
診療所の前の下水道工事は大詰め。散々掘ったあげくの簡易舗装工事をやっている。お陰で今朝は大混乱だ。
f0083903_1026781.jpg
Nikon D40 SIGMA 30mm F1.4 F2.8 ISO200 RAW SILKYPIX3.0
今朝のお供はD40。昨夜、子どもの受験用の写真を撮った関係で、RAWで撮影した。最短距離付近では合焦率が良くないので、何コマか撮っておく必要がある。
f0083903_10332211.jpg
露出はぴったんこ。色調は派手。Nikon D40 SIGMA 30mm F1.4 F1.4 ISO200 RAW SILKYPIX3.0
f0083903_10364830.jpg
ちょっと前ピン気味 後ボケはやや2線気味か。Nikon D40 SIGMA 30mm F1.4 F1.4 ISO200 RAW SILKYPIX3.0
by acielmd | 2006-12-27 10:39 | Comments(4)
朝から天候は良くない。M8に初代非球面ズミルックス35ミリを取り付けてお供にしたが、撮ったのはこの一コマだけ。
f0083903_1143582.jpg
M8 C1LE DNG 標準プロファイルで処理。

昨夜、ご訪問いただいた「のんたん」さんはM8のイメージの処理にご苦労されているようなので、同じM8仲間として僕の処理などをお伝えしようと思う。ただし、これらの処理は僕の個人的な処理法なので、正しくないところもあるかもなので、その際はどうぞ、ご容赦を。これを前提に話を進めていく。

まずはM8のセッティング。僕のM8ISO160 WBはマニュアルセッティングで5200Kにしてある。これはDMRからの経験からの処置で、AWBの具合が良くないからである。基本的にはどの光源や天候でも5200K一本である。ファイルの圧縮はDNGつまりRAWである。これもDMRからの経験である。基本的にはこのセッティングからは変更することはない。この1〜3のプロファイルのどれかにJPEGモノクロを設定すると撮影後プレビューとサムネイルがモノクロになるというバグがでる。

次にイメージファイルをダウンロードする。M8本体からのダウンロードについてはMac OSの場合はいくつか問題がある。まず、OS 10.3には対応しているが、OS10.4には対応してないのである。従って10.4の場合はM8をUSBケーブルで接続してもデスクトップ上にマウントされない(10.3はマウントする)。じゃ読めないじゃんということになるが、Macに標準のiPhotoを使うとマウントされなくてもiPhotoからはM8digital cameraと言うのが見えて、ダウンロードできる。多分付属のカメラコントロールソフトの何とか言うのを使うと大丈夫じゃないかと思うが、インストールしてないので、判らない。M8から直接でなければ、SDカードをカードリーダーを使えば、簡単にダウンロードできる。僕はSDカードから直接ダウンロードしている。

次にRAW(DNG)ファイルの処理。まずキャプチャー1LEを起動する。この画面が出てくる。ここで、処理するファイルを左下のウインドウで選択してC1LEに読み込ませる。読み込みが完了するとファイル内にあるイメージのサムネイルが作成され、処理するイメージを選択する。
f0083903_1144889.jpg



次にC1LEの環境設定を開いてカラーマネージメントを開く。イメージのようにFor cameraをLeica M8にUse profile by defaultをLeica M8 genericにする(ライカフォーラムから赤外かぶり対策のICCプロファイルを手に入れたら、ここに対策プロファイルを出せばよい)。これで、準備完了。
f0083903_11444418.jpg


次に左上のラジオボタンの左から2番目(バイオハザードマークみたいなの)をクリックするとイメージのようにホワイトバランスとカラーバランスの調整画面が出る。一番簡単な補正方法はスポイトを画面の白ないしはグレーの部分に当ててクリックするとといが、僕は画面のあちこちをクリックしてみて、気に入った色味が出したりすることもある。この画面ではこびとの額をクリックしたら、丁度良い案配になった。円形のカラーサークルの白い点をクリックしてドラッグするとカーバランスが変化する。
f0083903_11445473.jpg


ホワイトバランスのコントロールが終わったら、次はレベルのマークのラジオボタンをクリックしてレベル補正をおこなう。必要に応じてレベルを調整すると良い。僕は露出を+0.2EVだけ補正したのみである。
f0083903_1419847.jpg


最後は現像である。左上右から2番目の歯車が一個のラジオボタンをクリックするとファイルサイズなどの設定画面が出る。必要に応じて設定を行うが、プロファイルにカメラのプロファイル埋め込み(これがデフォルトだったかな)にするとファイルサイズが巨大になるので注意がいる。現像終了後のイメージはピクチャー内のCapture Oneデフォルトセッションと言うファイルにある。僕がやってるのはこの程度のことです。
f0083903_14251470.jpg


おまけ。コダクローム系の発色をさせるという派手めのプロファイルで処理。
f0083903_15411513.jpg


こういった感じで僕はM8のRAWイメージを処理しているのである。
参考になれば幸いである。

今夜は介護保険の認定審査会があるよ。
by acielmd | 2006-12-26 14:06 | Comments(13)

The Elmar 5cm F3.5 (rate version)

お昼にM8に赤エルマー5cmを取り付けてみた。見掛けはともかく沈胴は絶対に出来ないので、注意が必要である。
さて実写はズマリットと同様に幾分コントラストが低めで、像にしまりがない感じがする。中心部の解像力は意外に良い。このあたりはエルマーの高性能たる所以だろう。現実的な話、エルマーを実用に供するにはM5同様にダイモテープなどで沈胴量を制限した方が安心だろう。
f0083903_14233540.jpg
M8 Red Scaled Elmar 5cm F3.5開放、最短距離 C1LE
f0083903_14242541.jpg
M8 Red Scaled Elmar 5cm F3.5開放、C1LE
f0083903_1425041.jpg
M8 Red Scaled Elmar 5cm F3.5開放、最短距離 C1LE
by acielmd | 2006-12-25 14:26 | Comments(6)

メリークリスマス !

メリー・キリストマスでござ候 !
天候は曇り気味、夜からは雨だそうだ。
f0083903_9595932.jpg

今朝はM8にクラシックレンズの代表のSummarit 5cm F1.5をL/Mアダプターを使って取り付けた。その結果は曇りのせいもあるだろうが、全体にコントラストが低く眠たい描写になっていた。銀塩で使うより印象良くない感じである。後ボケは思った程は暴れていないが、これも条件次第ではグルグルのギザギザのボケになることだろう。ちょっと古いレンズは大丈夫だけど、すごーく古いレンズは今ひとつかもね。エルマー5cmもテストしなくっちゃなあ。
f0083903_1021139.jpg
F1.5開放 C1LE標準プロファイルで処理。
f0083903_103666.jpg
F1.5開放 C1LE標準プロファイルで処理。
f0083903_1033411.jpg
F2.8 C1LE標準プロファイルで処理。
今のところ今日の予定はない。
by acielmd | 2006-12-25 10:04 | Comments(2)